葉酸を含んだ食べ物について

胎児の神経閉塞障害を防ぐことから、妊娠前の女性に摂取を推奨している葉酸。一日の摂取量は480マイクログラムとされています。そんな葉酸を含む食べ物は、たたみいわし。100グラム中300マイクログラムもの葉酸が含まれています。焼き海苔は100グラム中1900マイクログラム含まれています。焼き海苔一食分は大体3グラムなので、そのなかに60グラム含まれています。納豆は一パックで60マイクログラム含まれています。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれています。レバーペーストは100グラム中140マイクログラムも含まれています。火を通さず、バケットなどに塗ってそのまま摂取をした方がお勧めです。うなぎの肝には、100グラム中380マイクログラムもの葉酸が含まれています。焼いてしまうと葉酸が失われてしまうため、肝吸いなどにすれば、栄養素が汁にとけだして、栄養をまるごと摂取できます。ただし、うなぎやレバーペーストには、レチノールと呼ばれるビタミンAの仲間が大量に含まれており、摂取しすぎると、奇形や先天異常の赤ちゃんが生まれるので、注意が必要です。なかなか食品から摂取が難しいひとは、サプリメントから摂取をするのもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です